勤務医賠償責任保険の内容と補償金額

医師が医療事故を起こし、患者に身体の障害が発生した場合の賠償などを補償します。加入できるのは病院・診療所に勤務する医師のみです。

なお、勤務先の病院が複数ある場合でも、各々の病院における全ての医療業務が対象となリます。また、加入者だけでなく、その指揮・監督下で起こった看護師、診療放射線技師、薬剤師の事故もカバーされます。

対象となる医療事故例としては、「輸血時の血液型の取違え」や「注射部位または深度の不適当による神経麻痺」、「手術の際のガーゼ類の遺留」などが挙げられます。

支払われる保険金の種類は、損害賠償金(示談・和解でも対象)をはじめ、被害者の治療費、入院費、慰謝料、休業補償費等などがあります。また、保険会社からの事前承認が必要となりますが、訴訟になった場合の訴訟費用や弁護士報酬なども賄われます。

一般的なタイプは最大補償額が1億円となっていますが、2億円までカバーされる最大保障タイプも登場しています。販売は損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、日本興亜損保、アリコジャパンの5社が行っており、学会や大学同窓会などを通じて加入するケースが多くなっています(加入人数に応じて、保険料が割引されるため)。

Copyright © 2018 医師賠償責任保険ガイド· All Rights Reserved·