病院賠償責任保険の内容と補償金額

病院や診療所の開設者を対象とした保険で、医師や補助者などの使用人の医療行為が原因で、患者が亡くなったり、後遺症が発生したり、身体の具合が悪くなった場合に、損害賠償責任を負担することによって被る損害をカバーします。

一般的なタイプは最大補償額が1億円となっています。東京海上日動、損害保険ジャパンをはじめとする5損害保険会社が販売を行っています。

保険料は病床の数や種類(一般・療養・精神・結核・感染症)、過去の損害発生状況、リスクによって変化します。事故を起こし保険金の支払いを受けると、その額に応じて次年度の保険料が上昇します。

保険金が支払われる具体的なケース
1.病院の建物や施設が原因となった事故…病室に備え付けの医療器具が倒れて、患者あるいは見舞い客らが負傷した等
2.医療行為以外が原因となった事故…看護師とぶつかった患者が転倒して、骨折した等
3.販売した商品による事故…病院内の食堂・売店で提供した食品で食中毒が発生した等

この保険には日本医師会医師賠償責任保険における審査会のような制度はありません。
患者等から損害賠償瀬急があった場合、被保険者から報告を受けた損害保険会社は、被保険者から事故報告書や患者等から損害賠償請求書の提出を受けるとともに、カルテ、看護記録、検査記録、画像資料等の診療記録のコピーの提出を受け、顧問医師等に検討を依頼して医学的、法的観点から検討を行い、責任の有無・賠償金額を決定するのが一般的です。

なお、医師等が弁護士費用を病院陪責保険でまかなおうとする場合には、弁護士受任や弁護士費用について損害保険会社と事前に協議を行い、必要な手続きを経ておく必要があります。

Copyright © 2018 医師賠償責任保険ガイド· All Rights Reserved·