患者の治療には最先端の医療技術水準が求められるのか?

個人の開業医です。近年の医療技術の進歩は目覚しく、医師としては頼もしく感じることがある反面、技術的にも経済的にも最先端の水準に追いつくことは難しくなっています。

患者を治療するにあたっては、最高の技術水準に沿った治療を行わなければ、医師には過失があるとされるのでしょうか?

先端的な技術は、医療水準ではありませんので、過失にはなりません

患者の生命身体に重大な影響を及ぼすという業務の性質上、医師には高度な注意義務が要求され、診断、治療に際しては可能な限り適切な処置を講じる必要があります。

しかし、医療技術というものは常に変化をしており、大学病院における研究レベルの医学的所見や治療法と、臨床医や開業医の段階での治療法は当然異なります。
先端的な治療法は、研究レベルか出発して、徐々に安全性や有効性が確認されて始めて、臨床医においても日常的に実践される治療法となります。

このように、一般的な治療方法として確立された技術水準が現時点での医療水準となり、医師の診断や治療に過失があるかどうかは、この水準に従って診断や治療が行われたかどうかで判断されます。すなわち、大学病院などで研究されている先端的な技術水準は、医療水準とはみなされませんので、過失の有無の判断基準にはなりません

Copyright © 2018 医師賠償責任保険ガイド· All Rights Reserved·