注意義務を十分に尽くした場合、法的責任は問われません

医師として要求されるべき注意義務を十分に尽くしたにも関わらず、不幸にして医療事故が発生してしまった場合には、医師は患者から損害賠償責任、つまり法的責任を問われることはありません。

これが、損害賠償請求の第一の要件としての「医師の過失」の問題です。医師の過失がないにも関わらず責任追及が認められたのでは、医師からすれば「不可抗力」による損害についてまでもが賠償請求の対象となることになり、医師を目指す人は誰もいなくなるでしょう。

ただし、被害者救済の面に重点を置けば、たとえ過失がなくても賠償責任を認めるという考えがないわけでもありません。現に、国の施設の瑕疵・欠陥により国民に被害が生じた場合には、国の施設管理上の落ち度を問題とすることなく、瑕疵・欠陥があることさえハッキリすれば賠償責任を認めるという、一種の無過失責任に近い責任を是認している例もあります。

しかし、医療技術が複雑高度化する中で、医師に無過失責任を肯定することは医師側に過酷な結果を生じさせることになります。その意味で、過失に関する患者側の立証負担を軽くすることは考えられても、「過失」という要件そのものが不要になることはないでしょう。

医師の過失の有無を判断する際の規準となるのが、医療水準です。最高裁判所は、この医療水準について、「臨床医学の実践における医療水準」であると述べています。

ここで気をつけたいのが、臨床医療の現場において平均的医師が現に行っている「医療慣行」=「医療水準」とはならないということです。したがって、医療慣行に従った医療を行っていた場合でも、法律的な観点からは過失ありと判断される場合もありえます。

なお、2009年には医療行為としては初の無過失補償制度として「産科医療補償制度」が開始されています。この制度は、出産時に重度の脳性麻痺が起きた場合、医師に過失がなくとも総額3000万円の補償金を支払うというものです。

Copyright © 2018 医師賠償責任保険ガイド· All Rights Reserved·